朝スッキリ起きるための習慣

朝スッキリ起きるための習慣

 

 

朝活が今ブームに乗っています。でもブームの一方で、早起きが得なのはわかっていてもなかなか思うように実践ができないというのもある意味そういう人が多くいます。

 

睡眠科学や実際の臨床現場から編み出された朝すっきり起きるための習慣をここでのご紹介します。

 

まずなんといっても最も大事なのはです。なぜなら、人間の体が朝の太陽光を浴びることで体内時計がリセットされて気持ち的に魚も肉体的にも本当に目覚めることができるからです。

 

朝の光は不安や鬱病を抑えて体をシャキッとさせてくれるセロトニンの働きを活発にします。

 

セロトニンが活発に分泌されると幸せを感じることが多くなり夜の眠りを助けるホルモンであるメラトニンという物質の分泌も促進されて結果的に熟睡に繋がります。

 

私たちは朝起きるときに目覚まし時計などの道具を使っています。これは音で目覚めるという最も原始的な方法ですが、人間の体の仕組みを理解すれば音よりもしかりで目覚める目覚ましライトの方が、科学的な根拠として分配が上がります。

 

アメリカでは起床時刻になると枕そのものもが明るくなるユニークな枕もあるほどです。

 

起きる時間になると点灯する LED ライトもありますが、寝室のカーテンを少し開けて寝ることが一番手軽にできる光の活用方法です。

 

 

体温が上がると目覚めもすっきり

 

体温の変動も利用しない手はありません。体温が下がってくると寝なくなり、逆にかかってくると覚せいレベルが上がります。

 

ベッドで軽く体を動かしてみるのが、良い方法です。多少バタバタさせたり、グーパーさせたり、腰をちょっと持ち上げたり、運動によって、太陽も確実に上昇してきます。

 

脳みその運動をつかさどる部分も活発化して、脳みそ自体の覚せい度も高くなります。運動すると一時的に交換神経の活動が高まります。脈拍が早くなり、血圧が上がり、太陽も上昇します。

 

今から真剣は人間にとってアクセルの働きをする自律神経ですが、これを活発化させる簡単な方法があります。

 

それが熱いシャワーです。

 

比較的熱めのシャワーは、自律神経を急激な温度の変化で目覚めさせるので、覚せい効果という意味では効果抜群です。

 

シャワーが家にないという人は冷水で顔を洗いましょう。冷たい水の信号機刺激も目覚めにはプラスとして働きます。

 

 

さわやかな香りでモーニングアップ

 

枕元にライムやミントのフリスクなどの所があるとタブレットを置いておくのも良いでしょう。

 

柑橘系の香りや青年は覚せい効果があります。バナナやチョコレートを食べるのが脳みそにブドウ糖を送るのに効果的と書いている方もありますが、理屈の上ではそうでも朝起きてすぐにそれらを食べるのはきついという人も少なくないと思います。

 

一本フリスクなどならちょっと口に含むだけで OK ですから手軽にできるのではないでしょうか。

 

朝食ももちろん朝の目覚めを助けます。現代の最強の早起きツールは、インターネットです。夜のネットは良くないことだらけですが、明日のインターネットプラスの面が沢山あります。

 

なぜなら明るい液晶画面には人間の脳みそを刺激する覚せい効果があるからです。皆さんも経験があると思いますが。気になるビールやニュースなどは出なくても早く見てみたいという衝動に駆られますよね。

 

今年1月にジャニーズの SMAP が解散するというニュースが流れました。

 

私はそのニュースを自分のスマートフォンからのライブでしたのですが、その時は本当に驚くほど目がさえたのを覚えています。朝がきつかった私では考えられないほどすごい速さでテレビをつけたのを今でも覚えています。

 

もちろんこういった事例はかなりのレアケースですが氏でなくても朝目が覚めて Twitter や line で知り合いや友人におはよう、という挨拶をする人は少なくないと思います。。

 

そのように上手にインターネットを活用している朝しっかり目覚めるようにしてみたいですね。

 

 

スマートフォンの睡眠管理アプリを活用する。

 

最後にスマートフォンのアプリについていくつか書いておきます。スリープサイクルアラームクロックやスマートスリップのように最近ではいくつかの睡眠管理アプリが存在します。成立サイクルアラームクロックは枕元に置いておくだけで睡眠段階を認識して、一番起きやすい浅い睡眠の時にアラームが鳴るように設定されています。

 

目覚めの悪い人は、一度試してみる価値はあるでしょう。

 

一方スマートスリープはアラームの設定をするだけで、毎日の睡眠起床時刻が記録され、毎日の睡眠管理ができるライフログ機能があります。

 

自分の睡眠やきちんと把握したい方にはおすすめです。

 

スマートフォンアプリ開発の進歩は本当に目覚しいものがあり、私たちがこうして以来何も日々新しいがっぷりがすごい勢いで出ています。。自分に合ったアプリを見つけて上手に活用したいですね。

 

朝すっきり起きるためのリセットメニュー

 

  1. カーテンを少しだけ開けて眠りにつく。
  2. 朝起きたら腰を持ち上げたり手をグーパーしたりしてみる。
  3. 浅野熱いシャワーで交感神経を活発化させる。
  4. 冷たいお水で顔を洗う。
  5. フリスクなどを開く枕元において、朝起きたら一番に口の中に含んで煮る。
  6. スマートフォンのスイミング管理アプリなどを活用する

 

 

光を浴びて体を動かしてきちんと朝食をとる。

 

この三つの習慣をこなせばどんなに朝が辛いという人でもかなり朝しっかり起きられるようになります。基本中の基本ですができていない人が意外と多いのでやってみるのも疲おすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

朝シャキッとしない

関連ページ

体温と睡眠について
人間の体温はおよそ35〜36度で安定していますが、この体温が果たす役割は非常に多く、低体温というだけで朝シャキッと起きられなくなるとも言われています。ここではそんな体温と睡眠について説明します。
どうしても眠れない時は
翌日大事なイベントがあって寝ないといけないのに、どうしても眠れない・・・こんなことって結構ありますよね。ここではそんなどうしても眠らないといけないのに眠れないとき、どうすればいいかをまとめてみました。参考にして頂ければ幸いです。